畳の材料-畳表とは

畳表とは 畳の表面部分の材料を、畳表(たたみおもて)といいます。 畳表は、綿糸や麻糸と経糸にイ草と織り込んで作られます。 イ草は、根の部分が白く、先に行くほど緑が濃くなります。 イ草を織機で織り上げた畳表は、根の部分が畳… 続きを読む 畳の材料-畳表とは

和室が多く畳が多いので、一度DIYで畳の表を変えてみたいと思います。材料の畳表、へりの販売はしていますか?

畳の部屋

もちろん販売しております。 弊社の販売する材料は、一般的な畳店が使用している材料です。 畳店が資材を仕入れる場合、畳表は20畳以上、畳縁は10畳〜50畳が最小ロットです。 一般の方が、DIYで試してみたいと思っても、仕入… 続きを読む 和室が多く畳が多いので、一度DIYで畳の表を変えてみたいと思います。材料の畳表、へりの販売はしていますか?

セキスイ美草と清流(和紙表)の色は、素材の違いから微妙に違います

新素材の畳表のには、代表的な2種類の畳表があります。 素材が樹脂のセキスイ美草と和紙素材の銀白・清流です。 どちらの畳表もダニ・カビの栄養素となるものがありません。 天然イ草の畳表と比べて、耐久性もあり、日焼けによる変色… 続きを読む セキスイ美草と清流(和紙表)の色は、素材の違いから微妙に違います

畳も進化している!畳の表面だけでも3種類の素材があります

イ草だけじゃない、現代の畳 昔から畳といえば、表面部分がイ草で、芯材は藁(わら)が使われていて、現代においても同じ材料で製造されていると思いこんでいませんか? 実は、昔からの畳(表面がイ草、芯材が藁)の畳は、新しく製造さ… 続きを読む 畳も進化している!畳の表面だけでも3種類の素材があります

ハンドクラフトの材料として、店舗やディスプレイの装飾材料として、畳の材料は活用の場が広がっています。

畳の材料をYou Tubeで紹介しています。 畳屋さんが使用している畳の材料が畳になる前の姿で登場します。 ハンドクラフトの材料として、また、店舗やディスプレイの装飾材料として、畳の材料は活用の場が広がっています。 畳の… 続きを読む ハンドクラフトの材料として、店舗やディスプレイの装飾材料として、畳の材料は活用の場が広がっています。