訪日の目的が和室や日本建築といった視点へ

訪日外国人が年々増えている日本では、ホテル業界においても新たな取り組みが進んでいます。それがインバウンド対策です。今までの外国人旅行者は、温泉や寺社仏閣など観光地に興味がある人が多く訪れていました。しかしインターネットの普及や、再来日をする訪日外国人の増加で、訪日の目的が和室や日本建築といった視点へシフトしてきているのです。

Tatami2

宿泊施設においても、日本らしい旅館などは人気が高く、温泉と旅館を目的に訪日する人も少なくありません。しかし外国人にとって、ホテルという施設は、やはり利用しやすいという特徴もあります。そこでホテル業界でも、インバウンドに対応した和風な空間を提供できるようにという取り組みが進められているのです。

Image 2

本格的な和室は使い勝手が良くわからないといった客にも対応できるよう、客室の一角を琉球畳などの和風空間にしたり、廊下やエントランスに飛び石を取り入れてみたりといった様々な工夫がされています。

なかなか予算が取れないホテルであっても、置き畳を利用した和風空間であれば、業者に依頼しなくてもDIYで作業も可能です。フローリングやカーペット敷きの部屋であっても、手軽に変貌させることが出来ます。こうしたインバウンド対策は、今後の日本においてとても大切な事であるとも言えるのです。

12920464 1015827505178138 842491812860856356 n

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。