カテゴリー
畳の材料 畳表

畳は、経年変化を楽しむ敷物

畳の色が変化するのは、正常なことです。

畳の表面部分は、植物のい草を使用しています。

イ草の香りは、新畳のときが強く、徐々に薄くなっていきます。

青々した琉球畳

天然素材の良いところ

い草は、はじめのうちは緑色ですが、使用しているうち色が徐々に変化していきます。

2〜3年後には、全てがベージュ色になり、最終的には黄金色になります。

畳は、このように経年変化を楽しむ敷物でもあります。

日焼けした琉球畳

子供が生まれた時に畳を変えたので、写真を見るとその時の情景が蘇ります。

また、子供の成長とともに畳も変化していき、使われて方も変わっていきました。

赤ちゃんの時には、布団を敷いて寝ているだけだったのに、1年もするとハイハイをはじめて、駄々をこね

ては反りくり返って頭を畳にぶつけたりして・・・。その時はあ、本当に畳で良かったと思いました(^^)

畳を長持ちさせるには

畳は、あまり直射日光を当てず、適度な換気をすることで、長く使用いただけます。

直射日光が強すぎる部屋で使用すると、畳の色は早く変色し、色も黒っぽくなります。直射日光を当てないようにカーテンを使用したり、日陰になる場所で使用いただければ、最終的に黄金色の美しい色になります。

弊社 取り扱い畳表の販売ページはこちらから

天然素材の畳表のページ

天然素材にはない、カラーの畳表も取扱っています。

日焼けによる変色がなく、ダニ・カビの心配もありません。

セキスイ美草(樹脂素材)の畳表のページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください